交通事情

自動車
免許証
交通ルールとマナー
自動車税
自動車保険
自動車点検・修理
自動車事故
交通違反の種類と罰金・罰則
AAM
ガソリンスタンド
タッチアンドゴーとスマートタグ
バス
タクシー
電車
航空


 マレーシアの交通機関は、年々整備が進み、便利で快適になってきている。移動に時間をかけたくない時には飛行機が便利で、費用を安く抑えたいならバスや鉄道を利用するのがよい。クアラルンプールを中心にした高速道路の拡充には目を見張るものがある。

日本のように、まず鉄道を敷設してその駅の周りにオフィス・商店街・住宅地が建設された街づくりの歴史ではなく、まず街ができた後に鉄道やモノレールが建設されたので、街全体としては鉄道は便利ではなく、結果として車社会となっている。このため車を持つことは効率よく快適な生活をするために極めて効果的である。

自動車

  1. ナビゲーションシステムは、携帯電話アプリや簡易型カーナビシステムがあるが、日本のものと比べてかなりシンプルなものである。Wazeというアプリがよく利用されている。日本語の設定も可能なため使用しやすく、操作も簡単。
     
  2. 運転中にスコールに遭うことも少なくない。視界が遮られるほどの強い雨の中を運転せざるを得ないこともあるが、ハザードランプを点滅させながらゆっくり注意深く運転するしかない。スコールは長く続かないので、車を止めて待つ場所がある時は、雨が過ぎるまで待つのもよい。
     
  3. 強い雨が降っている時は、雷や豪雨のために大きな木が倒れてくることもあるので雨宿りする場合も安全な場所を選んだ方がよい。 

免許証

  1. マレーシアで運転する場合、短期滞在の方は「国際免許証」を日本で取得して持参する。
     
  2. 就労ビザやMM2H等で長期間滞在の場合は、日本の免許証をそのまま持ってきて、在マレーシア日本国大使館で翻訳証明を発行してもらい、JPJ(道路交通局)で現地の免許証に即日、書き換えてもらうことができる。その際の在マレーシア日本国大使館で必要な書類は、パスポート、日本の運転免許証。JPJで必要な書類は、在マレーシア日本国大使館発行の翻訳証明書、パスポート、ビザ、日本の免許証とそのコピー、写真1枚(3.2cm×2.5cm)と手数料。(2016年3月JPJのHP-マレー語-より)
     
  3. マレーシアでの運転免許の取得は、実地、筆記の両方を行わなければならない。マレー語・英語を選んで受けることができる。英語の方が少し割高になる。自動車学校に支払う費用は、約RM2,000~RM2,500(2016年3月現在)
     
  4. マレーシアで運転免許を取得して一定期間以上滞在した場合は、日本の免許証に書き換えることができる。その場合は、マレーシアで発行された免許証を持って日本自動車連盟(JAF)の各県支部、または在日本マレーシア大使館へ行き、日本語訳の証明をしてもらう。その際に必要なものは、免許証、パスポート、本籍記載の書類、写真1枚(3.0×2.4cm)、手数料。
     
  5. 日本の免許証の有効期限については、十分注意する必要がある。免許証の有効期限が失効した場合は、海外に居たことが証明できれば、6ヶ月以内であれば学科試験と技能試験は免除で発行してもらえる。

TOPへ

交通ルールとマナー

  1. マレーシアの交通ルールとマナーは、基本的に日本と同じでだが、よく見かけるのは、右左折の時にウィンカーを出さない車が多いこと。慣れてくるとレーンに並んでいる様子や挙動等でわかるようになる。
     
  2. 日本にはないシステムで「ラウンド・アバウト」という交差システムには最初は戸惑う。右回りのロータリーのようになっていて、右からの車が途切れた時に進入し、出たい方向でウィンカーを左に出して合図し、ラウンドアバウトから出る。ラウンドアバウト内にいる車が常に優先する。出るところをミスしたらもう一度回ればよい。ラウンドアバウトを通り抜ける時の表現は、時計の文字盤をイメージした言い方をする。例えば4分の3周回って右に抜ける時は「3時方向にターンする(3 O’clock turn)」と言う。
     
  3. わき道から通りに出る車は、日本では車が途切れてから入るのが常識だが、ここでは当然のように割りこんでくるので用心が必要である。
     
  4. 駐車禁止の場所に駐車していると、わずかの時間であってもレッカー車で持っていかれることがある。あとでわざわざ取りに行くのは時間も掛かり、費用も掛かるので注意が必要。
     
  5. バイクの運転マナーは決してよいとは言えない。どんな隙間にも割り込もうとする。対応策は、自分が進行方向を変える時にバックミラーをよく見ること、また急激にハンドルを切らないこと。朝の通勤時間帯等は、反対車線からバイクが列を成してセンターラインを越えて走行して来ることもあるので用心しなければならない。対応策は、通勤ラッシュの時間帯をさける、またはなるべく右車線に出ないことである。

自動車税

  1. ロードタックスは半年または1年毎で、JPJ(道路交通局)か郵便局で支払いができる。支払い証明書を車のフロントガラスの左下の目立つところに貼っておく。排気量によって金額が異なる。(1600ccで、1年RM90/ 2000cc 1年RM380/2500cc 1年RM880)。
     
  2. ロードタックスの有効期限が切れていると、保険が無効となるので注意が必要。 

自動車保険

  1. マレーシアでの強制加入は、対人保険だけであるが、車両保険・対物保険も加入を勧めたい。
     
  2. 保険の更新は、ロードタックスと同じ時にするのが望ましい。
     
  3. 保険加入の際は、車両登録証を提示し、付保内容を保険会社に伝え、保険金額を算定してもらう。
     
  4. マレーシアの損保会社の自動車保険では搭乗者保険の給付が60才以上は受けられない。60才以上が搭乗する時は東京海上等、日系でかけることになるが搭乗者保険を付けると保険料が2倍くらいになる。

自動車点検・修理

マレーシアでは車検制度がないので、車は自己管理をする必要がある。1年中気温が高く、タイヤやワイパーの消耗も早いので、定期的に点検するのがよい。国産の自動車や当地で組み立てている車は、部品も揃っているので、故障が起きても修理が早く、料金も比較的安い。日本から自動車を個人輸入すると、部品がないので修理に時間がかかったり、料金が高くなることがある。

自動車事故

  1. 不幸にして事故を起こしてしまった場合、相手の名前や住所、電話番号、免許証、IDカード、自動車登録証等を確認して、24時間以内に所轄の警察署に事故報告書を英文で提出する。
     
  2. 警察署で作成してもらう「ポリスレポート」は、自動車保険の場合の請求時に必要である。「ポリスレポート」が出た後は、賠償の交渉は保険会社に相談の上対応するのが望ましい。
詳しくは、交通事故・緊急連絡の自動車事故をご覧ください。

TOPへ

交通違反の種類と罰金・罰則

交通違反を犯すことは、自分だけでなく他人にも危険を及ぼすので、ひとたびハンドルを持ったら心して運転すべきである。
マレーシアでも減点制度があり、免許停止処分や免許取り消しもある。詳しくはJPJのホームページを参照。
 
運転中の携帯電話使用 :最高RM300
運手中のSMS*送信   :最高RM300(*携帯電話でのメール送信)
飲酒運転      :酩酊の程度によっては身柄拘束あり。
                 裁判所の判決により、初回は最低RM2,000、2回目からはRM6,000
信号無視     :RM300
スピード違反     :RM300以上(超過スピードにより)
無理な追い越しや危険な運転 :最高RM300
左車線からの追い越し   :RM300
ダブルライン(二重線)無視 :RM300
緊急車線での理由なしの駐車 :RM300

AAM

  1. マレーシアにおける日本のJAFと類似の企業。
     
  2. タイヤのパンクやバッテリーが上がった時など、場所指定をして電話で呼ぶと、通常であれば30分以内にやってくる。実費は、支払う必要がある。

ガソリンスタンド

  1. ペトロナス・BHP・ペトロン・シェル等のガソリンスタンドが街の至る所に在り、給油には困らない。24時間営業をしているところもある。キオスクと呼ばれるコンビニが併設されている店も多く買い物にも便利。
     
  2. ガソリンスタンドは、基本的には自分で給油する方式のところが多いが、スタッフがやってくれる所もある。
     
  3. 昨今はガソリンも値の変化が激しいが、依然として日本円に換算すると安い。(レギュラー95 1L RM1.6-2016年3月現在)
     
  4. ガソリンスタンドには、洗車や修理等もやっているところも多い。タイヤの空気注入はセルフサービスで無料。
     
  5. ATMを併設しているところもあり、夜中でもガソリンスタンドは有人なので安全。スタンドの看板に「ATM」の表示あり。

TOPへ

タッチアンドゴーとスマートタグ

ハイウェイではトールゲートと呼ばれる料金所があり、現金で払うレーンの他に青色レーン「タッチアンドゴー」と黄色のレーン「スマートタグ」がある。どちらもプリペイド式の同じカードで、青色の方は機械に直にカードをタッチさせ、黄色の方は車の中から発信機を差し向けるだけでゲートが開き通過できる。現金で支払いができないトールゲートもあるため注意が必要。 

タッチアンドゴー(Touch’nGo)

購入場所は、高速料金所付近の同カード販売所・ガソリンスタンド・売店など。購入時に、住所・電話番号・パスポート番号が必要。カード発行時には、手数料のRM10と入金(最低RM10)が必要。ハイウェイ脇のガソリンスタンドか銀行のATMで入金ができる。トールゲートでもトップアップ(入金)ができるブースが増えてきた。「Tambah Nilai(金額追加)」と表示されているブースを探す。
 
近頃では、大きな病院やショッピングセンターの駐車場でもタッチアンドゴーが利用できる所が増え、出口で支払いに時間がかからず便利である。また、KTM、LRT、モノレール等の電車の切符も買わずに改札口でカードをタッチするだけで通れる。混んでいる時にチケット売り場に並ぶことなく、小銭の用意もいらない。
 

スマートタグ

高速の料金所のみで使える機械。タッチアンドゴーのカードを差込み使用する。 

バス

  1. 日本と同様、バスの前面とサイドに路線番号と行き先や経由地が示されている。
     
  2. バス停は、屋根つきでわかりやすいが、乗客が乗る意志を見せないとバスが停車しないこともあるので注意が必要。
     
  3. 中・長距離バスは、高速道路網が整備されているので、クアラルンプールを基地にして各都市へ便利に行くことができる。料金も日本と比べて格段に安く、トイレつきで快適なバスの旅ができる。要所要所に近代的で清潔なドライブインが配置されている。
 *バス利用についてのヒント
クアラルンプールの庶民の足であるが、最近車両や路線の整備が進んで日本人旅行客・滞在者も積極的に利用する人が増えてきた。とはいっても、日本の都市のようにどこにでもバスで行けるほど路線網ができていない。バス利用のコツは、自分の行動範囲の中で便利な特定の路線を見つけておいて、点と点の間の利用から始め、徐々にレパートリーを増やしていくことだろう。下記の例示に加え、他にも数多くの路線があるので自分の行動にあった路線を開発して活用するとよい。
 
最大のRapid KL社は、政府出資の会社で、LRT電車のAmpang Line、Kelana Jaya Lineの両線と160路線以上のバスを運行。この他、Metrobus、Len Seng、Pertama Kiara、Selangor等の民間バス各社がある。Rapid KL社では一回券が廃止され、一日券のみとなった。
 
これに対してMetrobus等民間のバスはRapid KLの隙間をうめる役目をしていて家の近く等利用しやすい場所に多く走っている。行き先がわからない時は遠慮せずにバスを止めて行き先を言うとYes,Noをいってくれるし、目的地で降ろしてくれる親切な運転手が多い。
 
詳しい、Rapid KLバス路線についてはRapidKLのHPをご覧ください。)
 
ここでバスの路線番号の頭についているアルファベットの文字の意味を解説しておこう。
 
◆B(Bandar=市街地):シティシャトルと呼ばれ、クアラルンプール中心街のシティ・ハブ同士を結ぶ。シティ・ハブは①パサラマコタ(Pasaramakota)、KLセントラル(KL sentral)②ブキビンタン(Bukit Bintang)、マルリ(Maluri)③KLCC④ティティワンサ(Titiwangsa)、チョウキット(Chow Kit)。市内の移動に便利。
 
◆U(Utama=主要):市の中心から市の周辺の主要地点に出る幹線バス。これも便利。
 
◆T(Tempatan=地域):U-バスの外側の地域ハブから、地域内の各バス停を結ぶ。住宅地から地域ハブや電車の駅に行くのに便利。
 
◆E(Ekspres=急行):ちょっと遠い近郊地にいく急行バス。行き先は、プトラジャヤ(Putra Jaya)、カジャン(Kajang)、クラン(Klang)等
 
GO KL
KL市内を走っている無料バス。5から10分間隔で走っている。観光に便利。
 

TOPへ

タクシー

  1. 車の屋根に「TEKSI」とマレー語で示されている。
     
  2. タクシー乗り場やホテルから乗るか、電話で呼ぶことができる。個人タクシーと知り合いになり、必要な時に電話で呼ぶこともできる。
     
  3. タクシーはメーター制が多いが、乗る前に行き先で交渉することもできる。乗り合いタクシーを見かけることも多い。
     
  4. 日本と比べると格段に安いが、少々運転が荒っぽいと感じる場合がある。
     
  5. タクシー運転手に割高な料金を提示されることもある。不安な方はタクシークーポン券売り場でクーポンを買う。KLセントラル(ヒルトン側)、KLCC(伊勢丹側)、タイムススクエア(正面)等にある。
     
  6. GrabUberなどの無料アプリを利用してタクシーを呼ぶことができる。乗車位置と目的地を入力すると大体の値段が表示される。ドライバーの名前・電話番号・車のナンバーも表示されるため女性にとって安心。

電車

 

  1. KLセントラル(KL Sentral)駅を中心にして「LRT」と「KTM」、「KLIAエキスプレス」、「KLモノレール」が運行されており大変便利である。LRT、KLモノレールの路線は、LRTのHP参照。KTMの路線図は、こちら
     
  2. 「マレー鉄道西海岸線」や「イースタン・オリエンタル・エクスプレス(Eastern & Oriental Express)」も発着する。
     
  3. LRT[Ampang Line]は、アンパン(Ampang)からPWTC等市内と通り、セントウル・ティムール(Sentul Timur)駅までと、セントウル・ティムール(Sentul Timur)駅からスリペタリン(Seri Petaling)駅まで延びている。
     
  4. LRT[Kelena Jaya Line]は、クラナジャヤ(Kelana Jaya)駅からKL市内を通りKLCC経由ターミナル・プトラ(Terminal Putra)駅まで延びている。
     
  5. KLモノレールはKLセントラル(KL Sentral)からブキッビンタン(Bukit Bintang等の中心街を通り、ティティワンサ(Titiwangsa)まで走っている。

TOPへ

航空

クアラルンプール周辺では、下記の民間用空港がある。
 

クアラルンプール国際空港(KLIA)

「森の中の空港、空港の中の森」をコンセプトに黒川紀章氏が設計し、3,000億円近い巨費をかけたガラスと鋼鉄の近代的建造物は、1998年に開港した。クアラルンプールの南西50km、Sepang(セパン)にある。
 

KLIA2

2014年5月に格安航空機専用のターミナルKLIA2がオープン。KLIA2は国際線格安航空会社:エアアジアXのメイン空港。エアアジア以外にもたくさんの格安航空会社が運航している。
 
 

◆クアラルンプール国際空港から市内への行き方

KLIAエクスプレス
電車ではKLIAエクスプレス(片道RM55)が便利。KLIAからKLセントラルまで28分、KLIA2からは32分で到着する。始発は、KLIA2を4:55で最終は0:55。朝夕のピーク時は、20分間隔、それ以外は30分間隔で運行されている。
 
エアポートコーチ
KLIAからKLセントラルまでのバス(片道RM10)。オンラインの場合は、RM8.50で購入することができる。KLIAからは5:30~1:30の間、KLセントラルからは5:00~24:00の間に30分間隔で出発。所要時間は、約1時間。
 
スカイバス
KLIA2からKLセントラルまでバス(片道RM11)。オンラインの場合は、RM9.99で購入することが出来る。所要時間は、約1時間15分ワンウタマショッピングセンター行きのバスもある(片道RM15。オンラインRM14.50)。バスの運行スケジュールは、スカイバスHPのスケジュールをご確認ください。
 
エアロバス
KLIAとKLIA2からKLセントラル等にいくバス(片道RM11)。オンラインでは、割引がある。KLIA2を1:00~24:00出発、KLセントラルを2:45~22:45出発。20~30分間隔。所要時間は、約1時間。
その他に、スターシャトルやジェットバスなどがある。

◆タクシー

タクシーは到着ゲートの手前のタクシーカウンターで行き先と車種、人数と荷物の数を伝えクーポンを購入する。市内へは、Airport LimoのBudget Taxi(RM74.80)を利用。荷物や乗車人数が多い場合は、プレミアム(RM102.60)やファミリー(RM200.20)を利用するといい。
 
一般のメータータクシーもメータープラス高速代で市内までRM60~80程度で利用することが出来る。渋滞の場合は、料金が上がるので注意が必要。一般タクシー専用の乗り場があり、そこで利用料としてRM2を支払う。市内から空港へ向かう場合のみRM12の特別料金も支払う必要がある。

◆クアラルンプールシティーエアターミナル(Kuala Lumpur City Air Terminal - KL CAT)

KLセントラル駅のクアラルンプール シティ ターミナルではKLIAのメインターミナルに乗り入れる下記航空会社のチェックインが可能。
・マレーシア航空(Malaysia Airlines)
・キャセイパシフィック航空(Cathy Pacific Airways)
・ロイヤルブルネイ航空(Royal Brunei Airlines)
・エミレーツ航空(Emirates)
・エティハド航空(Etihad Airways)

SkyPark Subang Terminal, Sultan Abdul Aziz Shah Airport(スカイパークスバンターミナル)

以前はスバンエアポートといわれていた。マレーシア各地・シンガポールへの路線を運行している。空港シャトルバスは、KLセントラル行きとKLIA/KLIA2行きがあるが2時間ごとと本数が少ない。タクシーが便利(市内~所要時間約40分)。空港からのタクシーに乗る場合は、タクシーチケットを空港内のカウンターで購入する。空港へは、LRTでクラナジャヤ駅まで行ってそこからタクシーか路線バスに乗ると安く行くことができる。
 

 

TOPへ